hit counter

検索エンジンとは?

スポンサーリンク

検索エンジンとは、特定のキーワードを入力して検索すると、そのキーワードに関連したWebサイトがランキング形式で表示させる事ができるデータベースの事で、日本ではYahoo、Google、Bing等が有名です。

 

ちなみにYahooの月間利用者数は3892万人と言われており、実に3人に1人がYahoo JAPANを利用している計算になります。

 

それに対してGoogleの月間利用者数は2491万人と言われており、Yahoo JAPANの利用者よりは低いものの、日本人の5人に1人が利用している計算になります。

 

日頃から当たり前のように利用している検索エンジンですが、もし検索エンジンが存在していなければ私達はインターネット上で知りたい情報を検索する事ができません。

 

最近では分からない事をGoogleで検索して調べる事を「ググる」と言いますが、この言葉も検索エンジンがなければ存在しない言葉です。

 

そう考えると検索エンジンは私達の暮らしには必要不可欠な存在になっています。

 

検索エンジンは他にもたくさんある!まとめて一覧にしてみました。

 

日本では、先程紹介したYahoo JAPAN、Google、Bingが有名ですが、実はこの3つ以外にも検索エンジンは存在します。

 

ここでは、上記3つ以外の検索エンジンをまとめて一覧にしてみました。

 

◆ 百度(Baidu)

Googleの中国版と言われており、中国国内での利用者数はなんとGoogleよりも多いです。

デザインはGoogleそっくりで非常に簡素なTOPページです。

 

◆NAVER

日本ではNAVERまとめが有名ですが、韓国では1番利用者が多いです。

またNAVERは今や誰もが利用しているLINEを開発した会社としても有名ですね。

 

◆MSN

Microsoftが運営している検索エンジンで、日本でのシェアは3位と言われおり、

MSNで検索すると自動的にBingを利用して検索します。

 

◆goo

国産の検索エンジンで「教えてgoo」が有名です。

日本国内では、2000年頃までYahoo JAPANとgooが2台検索エンジンと認識されていましたが、その後Googleが急激にシェアを拡大した事により、シェアを奪われ衰退します。

 

◆livedoor

ホリエモン(堀江貴文)が作った純国産検索エンジン。

現在はNAVERの子会社LINEが運営しています。

 

検索エンジンを変更する方法について

 

Yahoo、Google、Bingと様々な検索エンジンが存在しますが、利用しているブラウザ(IE、Google Chrome、Firefox等)で検索エンジンをあらかじめ指定する事ができます。

 

Yahoo JAPANは2010年にGoogleの検索アルゴリズムを採用しているため、Yahoo検索もGoogle検索も基本的には同じ検索結果が表示されますが、Bing検索はYahoo!、Googleとは異なるアルゴリズムを利用しているため、同じキーワードで検索しても異なる検索結果が表示される場合があります。

 

各ブラウザで検索エンジンを変更する場合は以下の方法で変更が可能です。

 

■IE(Internet Explorer)の場合

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/change-choose-internet-explorer-search-provider#1TC=windows-7

 

■Google Chromeの場合

https://support.google.com/chrome/answer/95426?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

 

■Firefoxの場合

https://support.mozilla.org/ja/kb/use-search-bar-firefox


オススメ本を読んで書評してます!興味あればノゾいて下さい>>




スポンサーリンク

スポンサーリンク