hit counter

iPhoneの電池を長持ちさせる裏技7選!!

スポンサーリンク

「えっ、何もしていないのに電池残量がかなり減っている!?」

 

iPhoneをお使いの大多数の方はこのようなバッテリー消費について頭を抱えた経験があるんじゃないでしょうか。

 

そんなバッテリーの減りが早いと頭を抱えた経験がある方へiPhoneの電池消費を抑える裏技を7つご紹介します。

 

誰でも簡単にできる設定なので、是非活用してみて下さい。

 

1.電池を消費しているアプリを特定する。

まずは見に覚えのないアプリがバッテリーを著しく消費していないか確認しましょう。

 

確認方法は、

 

「設定」→「バッテリー」

 

の順に進むと、どのアプリがどれくらい電池を消費しているのかひと目で分かります。

 

この項目に見に覚えのないアプリの表示があれば、原因はそのアプリの可能性が高いです。

 

使用頻度の低いアプリであれば電池を長持ちさせるためにもアンインストールすることをおすすめします。

 

2.iPhone画面の明るさを調整する

一般的にバッテリー消費の原因はアプリやデータ通信が原因と思われがちですが、

実は画面の輝度もバッテリー商品に影響します。

 

バッテリーを長持ちさせたいなら画面の明るさは控えめにしましょう。

 

画面の明るさを調整するには2つの方法があります。

 

・「設定」→「画面表示と明るさ」→画面上段の「明るさ」のスライダーを調整

※同画面にある「明るさの自動調整」をOFFにすると節電に効果があります。

 

コントロールセンターを開いて「明るさ」のスライダーを調整

 

3.利用頻度の低いアプリの位置情報サービスをオフにする

地図アプリやゲームアプリの種類によってはiPhone位置情報サービスを利用するものがあります。

 

この位置情報サービスはGPS機能を使用しているのでリアルタイムで通信が行われるためiPhoneの電池を著しく消費します。

 

位置情報サービスの機能がONになっているか確認するためには、

 

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」と進みます。

 

すると位置情報サービスを利用するアプリが一覧で表示されるので、

利用頻度が低いアプリの位置情報サービスは「許可しない」に変更しておくとよいでしょう。

 

4.プッシュ通知をオフにする

ご利用のアプリから独自のお知らせがあった場合にiPhoneの画面上でお知らせする機能をプッシュ通知といいます。

 

利用頻度の高いアプリからの通知は有益な情報が多いですが、利用頻度の低いアプリからのプッシュ通知は正直迷惑と感じるだけでなく、通知を受信することにより電池を消耗してしまいます。

 

利用頻度が低いアプリのプッシュ通知をOFFにしましょう。

 

5.iCloudの共有機能をOFFにする

iCloudを利用すればiPhoneで撮影した写真や、Excel、ワードファイルなどを他のデバイスと共有することが可能です。

しかしながら、この共有設定を有効にしておくと情報を更新するため通信料がかさんでしまいます。

 

iCloudでの共有機能の利用をしないかたはOFFにすることをおすすめします。

 

手順は以下になります。

 

「設定」→「iCloud」に進み、

 

共有する必要がないものをOFFにすれば完了です。

 

6.iTunes、App storeの自動ダウンロード機能をOFFにする

自動ダウンロード機能がONの状態だと、アップデートが必要なアプリを探すため通信のやり取りをするため電池消費量が上がります。

 

ですのでアプリのアップデート情報をリアルタイムで受け取りたい人以外は、自動ダウンロード機能はOFFにすることで節電することが可能です。

 

※自動ダウンロード機能をOFFにしてもApp storeから手動でアップデート可能です。

 

7.Wi-fiの接続を確認をOFFにする

iPhoneにはLTE回線の他に近隣のwi-fiに接続することで日々の通信料を抑える事ができます。

 

このwi-fiを利用する場合「接続を確認」という機能を有効にしていると、

近隣のwi-fiスポットをiPhoneが自動的に検出しお知らせしてくれる反面、

常にwi-fiスポット検知のために通信を行うので電池の消費スピートが上がります。

 

予め接続するwi-fiが決まっている場合はこの「接続の確認」をOFFにすることをおすすめします。


オススメ本を読んで書評してます!興味あればノゾいて下さい>>




スポンサーリンク

スポンサーリンク