hit counter

パソコンで楽しめる人気の無料ゲーム

スポンサーリンク

現在、パソコンで無料で遊べるゲームは数えきれない種類がありますが、みなさんも1度は遊んだ事ありますよね?

空き時間に5分だけと思いながら始めたものの気が付けば1時間経過してた・・・。

なんて経験をした人もいると思います。

ということで、無料だけど決してあなどれないPC無料ゲームについて解説します。

無料で遊べるゲームその1【麻雀】

無料で遊べる麻雀ゲームは無数にありますが、有名な麻雀ゲームといえばYahoo!ゲームの麻雀です。
Yahoo!モバゲー会員に登録すれば、無料で遊ぶことが可能です。

またYahoo!ゲームの麻雀にはレートというものが存在し、レートを上げるためには自分よりもレートが高い(強い)プレイヤーと対戦して上位で上がる必要があります。

このレートというシステムがあるおかげで一度始めたら終われない中毒性が出てきます。

なので、自分の中で遊ぶ時間を決めないとほんとに終われなくなるので注意が必要です。

Yahoo!ゲームの麻雀は以下からプレイできます。

http://yahoo-mbga.jp/stdgame/300001?_ref=aff%3Dyhm50001

無料で遊べるゲームその2【上海】

麻雀に続く定番ゲームと言えば上海ですね。

基本ルールとしては、ランダムに積み上げられた麻雀牌から、同じ種類の牌を2つ1組のペアで組み合わせて、全部の牌を組み合わせる事ができればステージクリアです。

ただし、ペアで組み合わせた牌の上に別の牌が積まれていたり、組み合わせたい牌の両端がふさがっている時はその牌は組み合わせる事ができないため、頭を使いながらペアを組み合わせていかないと途中から進めなくなってしまいます。

単純なゲームですが、奥が深くてついつい「あともう一回」となるゲームです。

上海もYahoo!ゲームで提供されており、以下から無料で楽しめます。

http://yahoo-mbga.jp/stdgame/300103?_ref=aff%3Dyhm50103

無料で遊べるゲームその3【トランプ】

次にご紹介するのは、トランプゲームです。
そして、トランプゲームの中でも有名なのが大富豪ですね。

基本ルールとしては、

3のカードが1番弱く、2のカードが1番強い。

ダイヤの3を持っているプレイヤーが自動的に親になり、好きなカードを出してスタート

次のプレイヤーは一つ前のプレイヤーが出したカードよりも強いカードしか出す事ができず、前のプレイヤーが出したカードよりも強いカードを持っていない場合はパスして次のプレイヤーに譲ります。そして、カードを出したプレイヤーより強いカード出せるプライヤーがいない場合、場は流れカードを出したプレイヤーは好きなカードを出す事が可能。

その時に同じ数字のカードを持っている場合は、2枚組みや3枚組で一度に複数枚のカードを出す事も可能です。

複数カードを出した場合は次のプレイヤーも同じ枚数かつ強いカードを出す必要があります。

また、同じ数字のカードを4枚出した場合、革命が起こりカードの強さが逆転します。

つまり、3のカードが1番強くなり、2のカードが1番弱くなります。

そのため、最初の段階で同じ数字のカードを4枚持っている場合は、その他の手持ちカードが弱くても大逆転できる可能性があります。

以上のルールを踏まえて、手持ちカードをより早く無く事を競うゲームになります。

大富豪もYahoo!ゲームで提供おり以下から遊ぶことができます。

http://yahoo-mbga.jp/stdgame/300002?_ref=aff%3Dyhm50002

無料で遊べるゲームその4【オセロ】

白と黒の石を互いに挟みあって、最終的に自分の色の石が多かったプレイヤーが勝者になります。

実は、オセロの発祥は日本って知ってましたか?

1945年茨城県水戸市で長谷川五郎さんが囲碁のルールを理解できない人のために発明したと言われており、なんと今では世界大会も開かれるほど認知されているゲームです。

オセロもYahoo!ゲームで提供おり以下から遊ぶことができます。

http://yahoo-mbga.jp/stdgame/300004?_ref=aff%3Dyhm50004


オススメ本を読んで書評してます!興味あればノゾいて下さい>>




スポンサーリンク

スポンサーリンク