hit counter

クラウドファンディングとは?

スポンサーリンク

クラウドファンディングとは、まだ世の中に存在しない斬新な商品やアイデアを持っている個人や起業がその商品やアイデアを製品化するための資金集めをする方法の手段の1つで、支援者は共感したり興味をそそられたアイデアやサービスに投資することで見返りにその商品を利用する事ができたりする。

クリエイターと支援者の双方にとってWin-Winの関係でいられるため、最近では大手企業から中小零細企業まで幅広くクラウドファンディングを利用するケースが増えてきている。

クラウドファンディングは「寄付型」「購入型」「金融型」の3パターンに分ける事ができます。

 クラウドファンディングのメリットとデメリット

基本的にはクラウドファンディングには発案者、支援者の両方にメリットがある仕組みになっていますが、リスクが0というわけではありません。

そこで、発案者から見たメリット・デメリットと、支援者から見たメリット・デメリットを解説します。

【発案者から見たメリット・デメリット】

(寄付型)

インターネットを利用することで大多数のユーザーにリーチできるので、たくさんの属性の支援者に対してアピールできる、また寄付型の場合は調達資金を返済する必要がないのがメリット。

寄付型の場合発案者にデメリットはない。

 

(購入型)

寄付型と同様に調達資金を返済する必要がないのがメリット。

しかし、資金が集まらなかった場合は製品化できなくなるのがデメリット。

 

(金融型)

投資したお金が金利、配当として徐々に増える事がメリット。

デメリットとしては、投資した企業が商品、サービスを製品化できなかった場合、金利、配当を受け取れない可能性がある。

 

クラウドファンディングはアニメ、ゲーム、コミック業界でも利用されている。

最近では、アニメやゲーム、コミックに特化したクラウドファンディングも登場しており、支援者には、一般的に商品化しづらいオリジナル限定グッズをGETできるメリットがあります。

 日本でのクラウドファンディングの市場規模はどれくらい?

日本国内での市場規模は2014年7月の15.5億円に対して、2015年7月は35.5億円と市場規模は急拡大している。

ちなみに、クラウドファンディングの市場規模が1番大きい北米です。


オススメ本を読んで書評してます!興味あればノゾいて下さい>>




スポンサーリンク

スポンサーリンク